ブログトップ
・○◎○・trecksalama・○◎○・
qumegno.exblog.jp
ウズベキスタンに行ってきました:ウルグットのスザニ市
サマルカンド3日目。今日は近郊のウルグットのバザールに行き、スザニをみる! 
ウルグットのスザニ市はたくさんあるし安いしってことらしく、楽しみにしていたのだー。 
そのために1週間のうちの3日をサマルカンドに充てたんですよ。でも夜の電車でタシケントに移動。 

宿の人に聞いたら、午前中に出れば電車の時間まで余裕で行って帰ってこれると教えてくれた。 
で、ウルグットに行く乗り合いバスだかタクシーだかの乗り場を聞いて、値段も聞いて、いざ乗り場へ。 
そのあたりにいるウズベク人に「ウルグット?」と聞くとなんだかはっきりしない答え。 とりあえずこの乗り場に停まる車に「ウルグット」連発。連発してたら女の人があっちの方がウルグット行きはたくさんあると教えてくれたので、そっちに向かうと、ガイジン=チャーターの人たちに捕まりました。 でも宿の人の教えてくれた金額を連発しチャーター断固拒否。
しかし、ここで急に数字さえも英語が通じなくなって初めて「旅の指差し会話ロシア語」を広げました。 
30分くらい客引き(?)のおっさんや、兄ちゃんたちは私の取り合いになり、私は断固チャーター拒否してるのでお話にならない、笑。 
そこへさらっと現れたおっさん。絶対自家用車だよねそれ?っていう車に連れて行かれ、そこで人数が集まるまで待つことに。値段は宿で言われた金額になった、笑。 そこへ徐々におばさんたちがやってきて、ようやくウルグットへ向けて出発できました。 
あー、旅するってこういうことだった!というやり取りでちょっとぐったり、笑。
b0084243_22454290.jpg
でもしばらく走ると「中央アジア」という雰囲気の山の風景になり、車窓に釘付けになりました。 
ウルグットに着いたら、荒野の中に突然ある大きなバザールだった。 スザニはバザールの奥のほうにあるとおじさんが教えてくれて、まずはスザニ!とずんずん進むとバザールが終わったあたりにそれらしきところ発見。
なんかイメージと違う、笑。でも荒野のバザール感は出ている、笑。
b0084243_22590996.jpg
毎週日曜だかが大きなスザニ市をやっているらしいのですが、日曜は日本に帰らないといけないので今日きたんだけど、、今日はやはり規模が小さいのかもしれない。 
そして、突如現れた1人の日本人に群がるスザニ売りたち! この日は他に外国人がこなかったのか、あっという間にいろんな人が寄ってきて、先導がうまかったおじさんとおばさんについていった、笑。
ここまで来る車で英語がまったく通じなかったのが嘘みたいに、このスザニ売りは英語でどんどんせめて来る。さすが商人。。他の人もとりあえず数字だけは英語ばっちり。そしてどんどん広げて見せてくる。
b0084243_23065448.jpg
ほら!見て!こうして使ってもいいのよ!と自らスザニをかぶるおばさん。かわいい。
b0084243_23022735.jpg
ブハラのスザニ屋さんでみたときは、素敵だけど高い。
高いけど普通に使うには状態がいまいち・・・という感じで気に入ったものを探すのが大変だったのですが、ここは出てくる出てくる、ツボなやつ!
おじさんとおばさんの押しに自分のテンションもあがっているからか、見るもの全部欲しくなる。しかも聞いてたとおり安い。実際言われている金額が相応なのかぼられてるのかわからないけど、お店で聞いた値段を考えると、そして日本で買うことを考えると、迷いもしない金額でした。 

これはどうだ!と民族衣装を着てみせるおじさん。
b0084243_23084285.jpg
これも見て!と民族衣装のマントをかぶるおばさん。これはけっこう欲しかった。。
b0084243_23113210.jpg
民族衣装はスザニに比べて高かったし、実用的でないので断念。 
それにしても気付いたら結構たくさん「これ買う」と言っていたので、しかもこのおじさんとおばさんから。
周りのほかのスザニ屋はいてもたってもいられないらしい。 ものすごい近距離で囲まれて捕まれて、これもあれも買え、どうだ、いいだろ!!!!の総攻撃が始まったのでこっちもちょっとパニック。 
うあーーーこの人たちをどけてーーと叫んで散らしてもらいました。
スザニ買うのも命がけの気分。 

いろんな人にたかられていたけど、さらにいろんな人がたしなめて遠ざけてくれた。
結構諦めがよかったのが救いだったけど、1人のおばさんがとにかくしつこい。それもう儲けないんじゃない?!という値段を言ってどうにか買わせようとする。そんなに欲しくない柄だった上に、そのしつこさがもう嫌で嫌でたまらなくて、最初は1枚くらい買おうか・・・と思ったものの、絶対このおばさんからは買うもんか!と決めました。
20分くらいつけられたもんで。。 
ようやくこのおばさんを追い払ってくれたおじさんも、同じくずっとついて来ていたので、いい人なのか胡散臭い人なのか、と思ったら「サマルカンドで宿をやっている人と友達だから、送ってあげる、だからうちの土産屋見てけ」というオチだったので「私はまだウルグットから帰りたくないから」と何度も断って、ようやく全てから解放されました。 
恐るべしウルグット。


ウズベキスタンで仕入れた雑貨をマルシェノスノスで販売してます。 
 ↓     ↓    ↓    ↓    ↓    ↓ 
・・・モロッコ雑貨とアラビア語雑貨のmarche☆nosnos・・・ 
facebookでは旅やインテリアの参考写真を掲載 
店主のつぶやきと一番早い新入荷情報はtwitter 

[PR]
by qumegno | 2014-02-15 23:21 | travel*2013
<< ウズベキスタンに行ってきました... ウズベキスタンに行ってきました... >>