ブログトップ
・○◎○・trecksalama・○◎○・
qumegno.exblog.jp
イランに行ってきました:ヤズド行きのバスでトラブル
エスファハーンのバスターミナルでお昼を食べて、午後のバスでヤズドへ。
b0084243_0205282.jpg
イランに住み始めてからいろいろ旅行してまわっている友人Mですが、なんと移動にバスを使うのは初めてとかで。危険といわれる飛行機移動よりも事故率高いバスに乗るのは夫婦揃って避けているようです。このイラン滞在中にも修学旅行だか遠足だか、学生がたくさん乗っていたバスが横転して死傷者多数…というようなニュースがありました。。

しかし、エスファハーンとヤズドの間は飛行機が飛んでいないので必然的にバス移動。
ここはリッチにVIPバスに乗ることにしました!値段はエコノミーを下回るんじゃないかと思うくらい安く、日本円で数百円でしたが、笑。
VIPなだけあって、座席は3列、シートは幅も足元もゆったり。(ただし、バスがピカピカとかそういうことはない。)
疲れていたから出発したらすぐに寝てしまって、起きたらこんな箱が配られていました。車内食?!
b0084243_030292.jpg
開けたらお菓子がつまったおやつ箱でした、笑。紙コップにはチャイをいれてくれる。
しかしこのとき、ちょっとトイレに行きたくなっていて、チャイを飲んだらますますだな、と思って、寝てトイレのことを忘れることにしました。
そもそも、友人Mに任せっぱなしだった旅程なので、ここで何時間乗るのかもはっきりわかっていなかった。。

また目が覚めたら、やっぱりトイレに行きたい。
しかしVIPバスなのにトイレがついてる様子はない。でもまだ我慢はできる。
と、乾いた大地が広がる車窓を眺めながら、トイレのことを考えないようにしていたものの、それにしたって限界くるでしょう。いっこうに休憩などでストップする気配もない!気晴らしに風景を撮ってみてもうまく撮れないし。
b0084243_0353711.jpg
外はどんどん暗くなってきて、休憩する様子もないし、ヤズドに着く様子もない。こんな何もない景色ばかり続いて、野外トイレにしても隠れる場所すらない。もうこの時点でトイレのことしか頭になかった。

いよいよ限界に達してきたので、ドライバーのところまで行って「休憩はないのか」と聞いてみたら「あと30分で着く」といわれた。
30分なら頑張れるかも~と思って席に戻ってみた。前方には町の明かり!いよいよヤズドか?!

と思ったら、度々あるポリスの検問でストップ。
もう無理だ!!!!!と思っているところに、ポリスがチェックするからシートベルトをしめろ、とガイド(?)役の人が一席ずつまわってきた。
すでに前傾姿勢で必死に耐えていた私は、こんなところでシートベルト締められて膀胱圧迫されたらもう出るぞ!と思い、シートベルトに抵抗。そして、ここで意思を伝えなければ一生引きずる思い出を作ってしまう・・・と思い、ガイド役の人に「トイレに行きたい!」と訴えた。
後ろの席のイラン人たちにも「あの子トイレに行きたいんだね」と話のネタにされ始める。
「そうなんだ、私はトイレに行きたいんだ!」とまわりにも訴え始める。
しかしガイド役にも、まわりのイラン人にも「トイレはない」と言われたので「嫌だ、ポリスのトイレに行く」とさらに訴える。
ポリスを恐れて暮らしているのであろうイラン人たち。トイレに行きたがってる必死な日本人を笑ってたくせに、ポリスのトイレと言ったらみんな顔が変わって困った表情になり「ポリスにトイレはないよ、使えないよ、ポリスのトイレは使えないよ」と弱気になる。
それでも我慢してて限界に達してるのは私だもの!ここで逃したら自分の席をトイレにしてしまう!
「いやだ、ポリスのトイレに行く、トイレに行く、トイレに行きたい!!」と騒ぎ始めたら、ガイド役が困り果てて「ポリスに聞いてくる」と言ってくれた!!
一緒にいる友達にも「もう無理だよー、我慢できないよー、トイレに行きたいよー」とわがままを言い始めたわたし。

そこへガイド役が戻ってきて、トイレに連れて行ってくれると!!
他のイラン人乗客に拍手で見送られ(笑)バスを降りてトイレに向かう。ほら、やっぱりポリスだってトイレくらい貸してくれるさー!と思ったら、6車線くらい越えた反対側にある商店兼食堂に連れて行かれた。
どこでもいい。トイレはあった。とにかくあった。やっと用を足せた。トイレ万歳。

ガイド役は外で待っていてくれて、私が用を済ませて外に出たら・・・なんだよ!自分も行きたかったんじゃん!
僕も行ってくるからここで待ってて、と言ってトイレに入っていった、笑。
個室は3個くらいあったけど、男女分かれてなかったので、気を使って外で待っててくれたみたい、笑。

ふたりともトイレを済ませてバスに戻ると、ポリスチェックも終わっていて、またみんなに拍手で迎えられた、笑。
後ろの席のイラン人には「おめでとう」とか言われるし、笑。
恥ずかしい状況なのだけど、我慢も相当限界だったところにようやくスッキリ安心したので、恥ずかしさもそれほど感じないくらい幸せに満ちたひと時だった、笑。

再びバスは出発し、すっきりした私は前傾姿勢も忘れて深々と席にすわり、安心感からまた眠りに入りました、笑。

結局、トイレに行けたあとは1時間以上かかってヤズドに着き、前方に見えた町の明かりもヤズドではなく、しかも休憩ストップもなく。。
あの検問のタイミングで騒いでよかった、という結果になりました。

そして。
友人Mが知り合いのイラン人に「バスでの移動中にトイレって休憩あるの?バスについてるの?」と聞いたら「トイレに行きたかったら騒げばいいわよ!」と言われたんだった、と思い出した、笑。
イラン人もトイレに行きたいときは騒ぐんだろうか。としたら、私の行動はイラン式で正しい行動だったと、いうことにしておこう。

この記事のタイトルは、ちと大げさですが、紛れもない事実、トラブルを起こしたのはこの私でした。
バスは心配したほど運転も荒くなく、スピードも出しすぎてない感じで安心して乗っていられました。



イラン仕入れた雑貨をマルシェノスノスで販売してます。
 ↓     ↓    ↓    ↓    ↓    ↓
・・・モロッコ雑貨とアラビア語雑貨のmarche☆nosnos・・・
http://nosnos.net
facebookでは旅やインテリアの参考写真を掲載
http://www.facebook.com/marchenosnos
店主のつぶやきと一番早い新入荷情報はtwitter
@marchenosnos
[PR]
by qumegno | 2013-01-11 01:08 | travel*2012
<< イランに行ってきました:ヤズド... イランに行ってきました:エスフ... >>