ブログトップ
・○◎○・trecksalama・○◎○・
qumegno.exblog.jp
チュニジア:ハマメットからチュニスへ帰る電車
ハマメットからチュニスに帰るとき、これが見事な満員電車でした。
b0084243_21294252.jpg
これは終点のチュニス、バルセロナ駅。

新幹線のように、ひとつの車両に前後ひとつずつ、ドアがふたつしかないのでそこに乗りたい人が殺到し。
もちろん降りたい人も殺到し、笑。
秩序がない!
東京人のように整列乗車を知らない上に、大きなおばちゃんが、これまたデッカイ荷物を持って殺到するので、隙間がない、笑。

しかし、マラケシュの市バスに慣れた私は、そんな大きな人たちが殺到する秩序のないドアに慣れている?ので、負けじとチュニジア人に混ざって乗り込みました。
そんな秩序のない状況で、どこからか、私のことを呼ぶらしき声が聞こえる・・・

「ジャッキーチェン!ジャッキーチェン!早く!乗れ!こっちだ!!」
ああ、まったく。どこの国のヤツラもアジア人と見ればジャッキーなんだから・・・
親切なんだろうけど、ちょっと迷惑。
大声で叫ばれて、ただでさえ外国人がひとりで目立つのに、余計に目立つ。。

乗り込んだ電車はすごい熱気で空気も悪い・・・
そして車内は満席。
空調が入ってない(と思われる)上に窓が開かないので、少しでもマシなデッキに立っていることにした。
とどうにか無秩序もひと段落して、電車は出発。
みんな汗ダラダラ、笑。

そんなところへ、ミリタリーのヤツラ(3,4人いた)がタバコを吸いだした!
みんな迷惑そうな顔をしているけど何もいわない。
その軍人たち、どう見ても私の3分の2くらいの年齢の若者で、偉そうにぷかぷかタバコをふかしている!!
くわーーーー!!
と思ったのでしょう、笑。ドアの近くのおじさんたちが、力づくでドアを開け、新鮮な空気がとりあえず入ってくるようになった。
と思ったら!さらに数人が吸い始め・・・
まだ外からの風が入ってくるからまだましだけど。。周りはもくもくで空気が悪い。。

そんな状態が続きながらも、何個か駅に停車し、人が少し減ってきて、中の椅子も空いてきたら・・・

真っ先に座る若者軍人!
革命の英雄気取りかー!!(←違うと思う)
モロッコでも思うことだけど、警察や軍の権力は圧倒的で、きっとそれは今も健在なんでしょう。
腰が曲がったおばあさんにはさすがに席を譲っていたけれど、他はそのままのけぞって座っていました。

そこへまたあいつが登場!
「ジャッキーチェン、すわれよ!」(軍人に向かって)「ジャッキーチェンに席を譲れよ!」
ありがとう、君のその親切と勇気はありがたくいただく、笑。
でもタバコをすいながらのけぞって座る軍人の横に座るのが嫌だったので、いやいや、君こそ座りなよ、と譲った。
そしたら軍人が座っていた。

そのうち違う席が空いたので、そこに座り、蒸し風呂状態のサウナ状態で、チュニスまで帰りました。
電車を降りたときのすがすがしさといったら・・・!!

着いたのは、チュニスの陸の玄関(?!)、バルセロナ駅。
b0084243_21231827.jpg
チュニジア旅も、ほぼ終わりです。

しかし、電車で会った若者軍人。
おそらく、よくある田舎出身の「軍隊に入れば給料がもらえて家族が生活できる」ということで軍に入った若者たちだと思うのですが。。
いかがなものかと思うあの態度。
日本だったらそっこーネットやメディアに叩かれますね。
こういうところも変わってほしかった。せっかく革命に成功したんだから。。


チュニジア雑貨をお探しの方はマルシェノスノスで!
 ↓     ↓    ↓    ↓    ↓    ↓
・・・モロッコ雑貨とアラビア語雑貨のmarche☆nosnos・・・
http://nosnos.net
facebookでは旅やインテリアの参考写真を掲載
http://www.facebook.com/marchenosnos
店主のつぶやきと一番早い新入荷情報はtwitter
@marchenosnos
[PR]
by qumegno | 2012-03-07 21:33 | travel*2011
<< 北アフリカ写真展、開催! 春らしいモロッコ >>