ブログトップ
・○◎○・trecksalama・○◎○・
qumegno.exblog.jp
念願のウイグル:カシュガル2日目
朝起きてシャワーのお湯が出ること確認してから(朝晩は涼しいのでこれ重要)シャワー浴びて、ホステルの人に朝ごはん食べられるとこがあるか聞いたら、外はナンしか売ってないよと言われた。
そんなことねーだろと思ったら、この辺なら朝ごはん食べられるかもというところを地図で示してくれたので行ってみたけどどこも開いてない。。
地図を見ながら、途中で曲がってエイティガールモスク見に行くかなと思ったら、その曲がった道にたくさん果物とかお菓子とか、食堂とかあった!
b0084243_23163087.jpg
b0084243_23161276.jpg
ステキジジイがそこら中に溢れているカシュガル

で、肉まん蒸してるところに入って、肉まんとチャイ。
肉まん1個でいいって言ったのに、2個食えと2個渡された。。
b0084243_23231216.jpg
が、ここのチャイが、茶葉にスパイスと薔薇が入っててすごいおいしかった!肉まんは普通に美味しかったけど、チャイがすごい好きな味で、しかも風邪ひいた喉にもなんか効き目ある感じ。
肉まん2個食べさせられたので満腹になり、そのままエイティガール寺院まできたら礼拝の時間にあたってしまったみたいで入れず。
b0084243_23214974.jpg
エイティガールの広場にある本屋さんで買い物してたら、どこからか突然水が噴き出して、本屋さんの並びの一番はしっこのお店が水浸しになってた。商品も地面もお店もびっしょびしょで、お店の人や周りの人が必死に水を払っていた。
b0084243_23281340.jpg
本屋さんでまったくウイグル語が通じないのに、ウイグル語の本やウイグル語が書かれたものばかり買うから不思議に思ったみたいでいろいろ聞かれたけど、わからない、笑。
とりあえずアラビア語と似てるから少し読んでみたらおお、そうそう、とアドレス帳の使い方を説明してくれた。アドレス帳に載ってる単語はアラビア語とすごく似ていたので読めたし、意味もわかった!
いったん宿に戻り、途中で買ったブドウ食べながら、自転車でオランダから旅してきたというオランダ人と話した。ベジタリアンらしく、ホステルでお昼を食べるという。
モスクもイランやタジキスタンでたくさん見たからもういいとか、笑。何しにきたんだカシュガルに、笑。旅の疲れをここでのんびり癒してるのか、ほとんどホステルにいるみたいだった。
b0084243_2329930.jpg
今度こそとエイティガールまで来たらまた礼拝の時間にあたった!
14時に来なさいとおじいちゃんに言われた。北京タイムの14時に。
それからバザールに行こうと思ったが、どうも宿でもらった地図と相性が悪い。のと、地図がよめない…。
そのへんのお店のお姉さんにバザール聞いたら、たぶんバザールそこら中にあるから意味わかんなかったみたいで、大きいバザールなことを一生懸命説明して、隣のお店のお兄さんも一緒になって聞いてくれたけど、説明できなすぎてとりあえずタクシー乗れと、タクシー捕まえてくれた、笑。5元だからと言われたのに、降りる時メーター見せられてほら9元だと言われた。えー。
でもメーター(あると思わなかった)がそう言ってんじゃ仕方ない。。
b0084243_23294718.jpg
やっとバザール着いて、念願のオグズチャイ(東京のウイグルレストランで飲んですごい美味しかったので買いたかった)をお茶屋さんで探したら、オグズチャイって言えばどこでもありますよって東京のウイグル料理屋で言われたけどさ、どこでもあるみたいだけどさ、それメーカー名がオグズチャイだからじゃね?!
というわけで、お店の兄ちゃんどんどん「オグズチャイ」出してくる。
中身の味なんて当然説明できないので、サフランティーとお兄さんがこれはヤフシって言ったローズティーを買った。
しかしこれスーパーでも売ってんじゃないか?まぁいいか。
b0084243_23305561.jpg
それから歩いたら布地エリアにきたので、何かよさげな生地ないか、アトラスないか見ながら歩く。
この生地エリアどんだけあるんだってかくらい続く!化繊でいいからアトラス柄の生地を買おうと思ってたけど、手触り感があまり好きな感じではないので(ソフトでちょっと伸びる感じ)うーんと思ってたら本物アトラス売ってる店があり、おじさんに呼ばれ入ったけど、高い…。
クオリティがよいことアピールと、とりあえずはしっこの糸燃やすアトラクションはどこの国でも変わらない、笑。端っこ燃やして、匂い嗅がせて、ほら絹だ!(ラグの場合はウールだ!)と説明&品質アピールをしてくる、これどこでも共通なんだ。。
言い値をいってみろと言われたけど、これという模様がなかったので辞退。
そのあとまた生地エリアを歩き続けてたらまたアトラス発見。
今度の店番はおばちゃん。
そしてさっきのおじさんの半額。
b0084243_23312444.jpg
正直品質はよくわからなかったけど、こっちの模様の方が好きなので、少し値切って購入。これを仕立ててもらう会話技術がまったくないので日本に持って帰ってどうにかしよう。
それからもっと日用品がみたいなーと歩いてみたけど、だよね、メイドインチャイナ全開、中国ですもんね。なのでほんとに眺めるだけ。
b0084243_23321775.jpg
と思ったら造花屋に並ぶウイグル語のカード、なんのカードかよくわからんがいいじゃーん!と思って見てたら、お兄さんが2枚くれるというから、いやいやいや、買うよ、払うよ、と財布見せてお金払うジェスチャーで伝える。
お店の中に入ったら、これも、これも、こんなのも、こんなのも、とどんどん出てきて選びきれないよと思ってたら、これ全部くれるっていうから!!いやいやいやいや払うからっていうジェスチャー何度もしたけど、お金いらないからって何度も断られて、結局すごいたくさんもらった…ラフマト連発して出た。。知っててよかったラフマト(ありがとう)。
b0084243_23343420.jpg
圧巻!ウイグル茶パッケージ!

b0084243_23363372.jpg
それからまたふらふら歩いて、建物の外に出たら食堂連なってる。お腹すいたからここで何か食べようと思ったら、麺打ってます!
ラグメン?と聞いたら、そうだ、食べるか?!というからここで食べることに。
いやー芸術だね、ほんとに打ってるんだね、動きが滑らか、かつて友人たちとラグメン作りに挑戦したときのあの無残さはなんだったんだ…。
ラグメンはソースがちょっとピリ辛で、麺もソースもうまかった…。
が、ここで、だんだんと頭痛が。。
b0084243_23383886.jpg
オールドタウンてところを通って帰ろう、途中で辛くなったらタクろうと思い歩きはじめる。
頭痛いよ〜と思いながら歩いていたら、ロバ車に乗ったおじいちゃんが、不思議な旋律を呟きながら(歌いながら?)のんびりと通って行ったのが気になって、追いかけたかったけど気力なしで残念。。
宿の近くも犠牲祭前だからなのか羊溢れてたけど、ここのオールドタウンでも羊運ぶバイクタクシーや家の前に繋がれてる羊がたくさんいた。
b0084243_2339649.jpg

b0084243_23391712.jpg

途中、公衆トイレに入ったら、洋式があったけど、う○こついてました…お金とるんだから掃除しとけよ、と便座上げたまま頑張って出たら、トイレ前に座ってる女の子がフリーだよ!って言うから、そうか、そりゃ紙くれなくても、う○こついてても仕方ない、と諦めました。。
どうにかエイティガールまで戻ってきて、ようやくこの辺で地図が頭の中にできてきた、水買ってどうにか宿までたどり着いた。頭痛マックス。
そして宿の近くも昨日歩いた時よりもさらに羊に溢れている。。
b0084243_2341119.jpg

同じ部屋の台湾人の子が、昨日から夕方になると死んだように寝てる日本人を心配してくれて、いろいろと声をかけてくれる。。
こういう時、ひとり旅でもドミトリーはありがたい。。
[PR]
by Qumegno | 2016-01-02 23:51 | travel*2015
念願のウイグルへ:カシュガル初日 >>