ブログトップ
・○◎○・trecksalama・○◎○・
qumegno.exblog.jp
念願のウイグル:北京→ウルムチ経由→カシュガル
6時のシャトルバスに乗るために早起き…頼んでなかったけどモーニングコールもあった。中国語。
8:30の飛行機で、国内線なのにこんなに早く行ってどうすんだと思ったけどフロントの人にこの時間と言われたのでそうしたけど、正解だった。。
チェックインカウンターはすでに開いてて、いろんなフライトと混ざってるのですごい人。それでも思ったほど並ばずにチェックインできたのでその辺のベンチでのんびりしてから、余裕を持ってゲートに行こうと思ったら…そこが大混雑だった。

国際線でいう出国審査みたいなのがすごい混んでる。時間ギリギリの人用のファストラインもあって、みんなチケット見せて入っていくから見せてみたらダメと言われた。もっと時間ない人ようみたいだった。
隙あらば割り込まれそうだし、人と人の距離近いしですごい暑い。
どうにか抜けてゲートを目指すと結構遠い…歩いて歩いて歩いて・・・やっとゲートについたらバス。
バスに乗ったらいかにもウイグル族っぽい人が一気に増えてウイグル興奮高まる。ウイグル語が聞こえてると、中国語と比べてなんとなく耳慣れた音というか、心地よいというか、意味まったくわからないけど懐かしい感じがした。
b0084243_1754951.jpg

飛行機は満席みたいでウイグル族じゃない中国人もたくさん。隣の隣に日本人と思われるおじさんが座ったけど、独り言言ったりちょっと不思議な雰囲気だったので特に話しかけず。向こうも日本人だと気づいてるだろうけろ話しかけてこないし。
b0084243_1772841.jpg

窓側を指定してたのでて山脈も砂漠も車窓堪能。
隣の中国人のおじさんは、話しかけてはこないもののゴミとってCAに渡してくれたり、機内食きたと教えてくれたり、静かに親切、笑。
機内食はジーロウとミーファンと言われたのがわかったものの、ジーロウなんの肉かわからず、ミーファン選択。昨日の機内食はミーファンがチャーハンみたいなのだったから。しかし海鮮あんかけみたいなのと白いご飯だった。機内食は清真と書かれたハラール食。
3時間半近く乗ったか、オンタイムだったのはラッキー。ウルムチ経由カシュガル行きのフライトは、ウルムチに着いたらカシュガル行く人もいったんみんな降ろされた。そこでどこで待ってたらいいのかわからず、何時出発なのかもわからず、トイレ行ったりお土産屋さんみたりしてたら、いろんなゲートにカシュガル行きが出てるのに、自分のカシュガル行きフライトが見つからなくて一瞬パニック。
すごい長いターミナルを最後まで行ってみたりしたけど見つからず、ヒー行っちゃった?!と焦りそのへん歩いてた空港係員みたいな人に聞いたら一番はしっこの、最初に降りたゲートだと教えられた。
汗かきながら戻って・・・5分くらいしたら搭乗。危ない。。
飛行機戻ったらまわりの顔触れあまり変わらず、しかしウイグル率はさっきより高まった感じで出発。<カシュガルまで一時間半弱でサンドイッチが出た。
[PR]
by Qumegno | 2016-01-02 17:39 | travel*2015
<< 念願のウイグルへ:カシュガル初日 念願のウイグルへ:成田→仁川→北京 >>